忍者ブログ
日本共産党埼玉県委員会で選挙関係の仕事をしています。1975年2月生まれ。家族は妻と1男1女。明治大学法学部を卒業。青年団体の県責任者、国会議員秘書、しんぶん赤旗記者を勤める。2012年の衆議院選挙で埼玉15区から立候補。若い世代が夢と希望のもてる日本の実現に引き続き全力をつくします。日々の活動や政治や社会への思い、家族や趣味のことをつづります。ツイッターは@kokkun36、フェイスブックもやっています。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
kokkun36
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
[6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

市田書記局長を招いた党演説会には、
会場あふれる参加者が集まり、熱気あふれるものとなった。

埼玉小選挙区の全15区候補が勢揃いし、それぞれ
決意表明。

私は「今日、9才の息子のタイムキーパーで練習してきた、
15区の小久保たけしです。若者を使い捨てにする社会に
未来はありません。国会議員秘書、しんぶん赤旗記者の
経験を生かし、若い世代が夢と希望のもてる日本をつくりたい、
そのために全力をつくします。よろしくお願いします!」
と述べた。
千数百人の聴衆の前でさすがに緊張したが、しっかり声も
出たのがよかった。妻からは「真剣な思いが伝わってきたよ」
と言われた。聴衆からも「がんばってください」
「若い人が出てくれてうれしい」など声援をもらった。


「何を話すかより、どう話すかが大事」
話し方がつたなくても、自分の思い(初心)を大切に
自分の言葉でこれからも訴えていきたい。



PR
コメント
コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
© [ BLUE MIRAGE - bm-pastel ] 忍者ブログ [PR]