忍者ブログ
日本共産党埼玉県委員会で選挙関係の仕事をしています。1975年2月生まれ。家族は妻と1男1女。明治大学法学部を卒業。青年団体の県責任者、国会議員秘書、しんぶん赤旗記者を勤める。2012年の衆議院選挙で埼玉15区から立候補。若い世代が夢と希望のもてる日本の実現に引き続き全力をつくします。日々の活動や政治や社会への思い、家族や趣味のことをつづります。ツイッターは@kokkun36、フェイスブックもやっています。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
kokkun36
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
[24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



1日、青年会議所主催の公開討論会
が開かれ、自民、民主、みんなの各
立候補表明者と政策・主張を交わし
ました(YouTubeで見られます)。


自己紹介、国家ビジョン、経済・TPP、
社会保障、教育、憲法改正について
議論しました。

全体の感想としては、各党の立場・
政策の違いがかなり明らかになった
いい討論会だったと思います。
他党の政策と比べて共産党の政
策・主張は、国民の実態や願いから
出発したもので具体的かつ現実的な
解決策を指し示しているとあらためて
実感しました。
やはり草の根で国民と結びつき、
国民の苦難軽減をめざす党ならで
はだと。

各テーマでは、
国家ビジョンや経済政策でいうと
自民は金融緩和や公共投資中心
の経済政策、
みんな、民主は新自由主義にもと
づく規制緩和の経済政策とどの党も
いままでの大企業応援の政治から
はまったく抜け出すものではなかっ
たと思います。
TPPについては、「断固反対」の
共産党以外、どの候補も交渉参
加には前向きでした。

社会保障制度では、自民、民主
とも消費税増税についてはすで
に決まったことだとして、その是非
を問わない姿勢にはあきれてしま
いました。
増加する社会保障費を消費税に
頼っていく立場では、違いないこと
も明らかになったと思います。

教育については、他候補が
「ハイパースクール」などのエリート
教育の充実や、家庭教育や道徳
教育の重要性などを強調するなか、
いま教育現場の実態を踏まえた
共産党の政策は際立っていたと
思います。

憲法改正では、明文改憲(自民)、
解釈改憲で集団的自衛権容認
(民主)、改憲要件の緩和など
憲法改正に前向きで9条改定
も否定せず、など共産党以外の
他の3政党が自衛隊を憲法に
位置づけ、海外での武力行使
できる国づくりの危険が現実化
していることにあらためて衝撃を
うけました。

最後のまとめの訴えはちょっと
イマイチだったと反省しています
が、全体として十分満足できる
討論ができたと思います。
ぜひご覧ください!




PR
コメント
コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
© [ BLUE MIRAGE - bm-pastel ] 忍者ブログ [PR]