忍者ブログ
日本共産党埼玉県委員会で選挙関係の仕事をしています。1975年2月生まれ。家族は妻と1男1女。明治大学法学部を卒業。青年団体の県責任者、国会議員秘書、しんぶん赤旗記者を勤める。2012年の衆議院選挙で埼玉15区から立候補。若い世代が夢と希望のもてる日本の実現に引き続き全力をつくします。日々の活動や政治や社会への思い、家族や趣味のことをつづります。ツイッターは@kokkun36、フェイスブックもやっています。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
kokkun36
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
[18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



10月28日、桜区のプラザウエストで
「小久保たけし・梅村さえこと語る集い
が開かれました。会場いっぱいの74
人が参加し、大いに盛り上がりました。
当日は、自分の両親も参加してくれ
ました。

オープニングはうたごえ後援会有志
による合唱。「川の流れのように」に
合わせてストレッチ体操は面白かった
です。

>

後援会長によるあいさつのあと
決意表明をしました。
冒頭に、共産党元町議の父からは
住民の立場で筋を通し、権力に一
歩も引かない姿勢を、仕事一筋の
母からは仕事に対する厳しい姿勢
を学んだと話し、感謝の言葉を述べ
ました。
照れくさくてなかなか言えなかった
思いを伝えられて本当によかった
です。
そして、青年の雇用問題やオスプレイ
配備撤回など米軍基地問題に全力
で取り組む決意を表明しました。




梅村北関東ブック比例候補は、市民運
動を通して政治を変えれば生活が本当
に良くなること、今度の総選挙で共産党
が前進する歴史的意義などを実感を込
めて語ってくれました。



参加者からも障害者問題、介護や老後
の心配などさまざまな要望や意見が出さ
れ、率直な交流をしました。
みなさんの熱い思いをしっかり受け取め、
引き続きがんばらねばと元気がわきまし
た。
参加されたみなさん、本当にありがとう
ございました。







PR
コメント
コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
© [ BLUE MIRAGE - bm-pastel ] 忍者ブログ [PR]